日本大会はこちら

Miss International Beauty Pageant 2018

Menu
公式SNS
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Google+
NEWS & INFORMATION

新着情報

Nov5 2018

ミス・インターナショナルと日本の女性起業家が一堂に「第4回国際女性起業家フォーラム」を開催 水中表現家二木あい氏が”Challenge!”をテーマに講演!

一般社団法人国際文化協会(所在地:東京都中央区、会長:下村朱美)は、2018年11月5日(月)にミス・インターナショナル世界大会にむけて来日した77の国と地域のミスたちの中から、起業やビジネス経営に興味のあるミス33名と「チャレンジ」をテーマに、女性起業家21名とのパネルディスカッションやグループディスカッション等を行いました。

「ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント(以下、ミス・インターナショナル) 」は、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大ビューティ・ページェントの1つで、1960年に誕生し、今年で58回を迎えます。美しさはもちろん、国際親善や世界平和など、国際社会に貢献しようとする志の高い女性たちが「美と平和の親善大使」として集い、互いに交流を深めることを目的としています。

本イベントは、ミス・インターナショナルを主催する一般社団法人国際文化協会と一般社団法人東京ニュービジネス協議会が共催したもので、経済産業省にもご後援いただき、「女性起業家の世界的なネットワーク構築」、「国際交流と社会貢献活動に対する啓発」等を目的に、将来性あふれる各国・地域代表のミスたちと自国の女性の活躍推進事情を共有し、更に良い方向性を模索することを目的として開催いたしました。

当日は、起業やビジネス経営に興味のあるミス33名と「チャレンジ」をテーマに、女性起業家21名とのパネルディスカッションやグループディスカッションを行った他、キーノートスピーチでは、水中表現家の二木あい様よりご講演をいただきました。
当日参加した各国・地域代表のミスたちの多くは学生であり、昨今は、起業家や、医師、弁護士を志し、自身の国に貢献したいという考えを持った者も多く、日本ではあまり報道されないような「各国の女性活躍の現状」について熱い議論を交わし、本イベントは幕を閉じました。

【Keynote Speaker Profile】
二木あい様
3才より水泳を始め、高校卒業後ドキュメンタリー作家をめざし、アメリカ、キューバで映像を勉強。スキューバダイビングの経験を経て、2007年フリーダイビングを始める。
水中世界と陸上世界の架け橋となるべく、空気タンクを使わず素潜りのみで表現してるパイオニア的存在。これまでにない形で水中表現に挑戦し続けていきたいと思っている。

■「ミス・インターナショナル」について
ミス・インターナショナルは、正式名称を「ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント」と言い、1960年に米国で誕生しました。誕生から7年間は米国で開催されていましたが、日本万国博覧会(1970年/大阪)の開催を記念して、日本に開催権が移されました。
国際平和を願う各国・地域の代表が“美と平和の親善大使”として一堂に集う世界大会では、広く世界の国々に“平和の祈り”を発信し、主催国である日本の素晴らしさもアピールしていこうという趣旨のもと毎年開催されています。
また、ミス・インターナショナルでは、ミスたちが個々のレベルで国際交流活動を行っています。「緑化推進運動」や「ミス・インターナショナル・フォーラム」をはじめ、「チャリティーイベント」などの社会貢献活動を通じて、日本と世界各国との友好と親善を深めています。
「ミス・インターナショナル」公式ホームページ:https://www.miss-international.org/

■「一般社団法人国際文化協会」について
一般社団法人 国際文化協会は世界の文化や芸術の交流を通じた「世界各国との友好・親善」を目的に、1969年(昭和44年)4月、外務省(文化交流部)の外郭団体として認可され、発足。以来、国際貢献事業として「相互理解による世界平和の実現」と「国際社会における日本の正しい理解」をスローガンに、人物交流等を幅広く展開しています。