日本大会はこちら

Miss International Beauty Pageant 2018

Menu
公式SNS
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Google+
NEWS & INFORMATION

新着情報

Nov10 2018

<2018ミス・インターナショナル世界大会>2018ミス・インターナショナルは、大会当日に20歳を迎えた美女 ベネズエラ代表 マリエム クラレット ベラスコ ガルシアさんに決定!

~2019ミス・インターナショナル日本代表 岡田朋峰さんらもプレゼンター補佐として登場~
~ゲストアーティストのDA PUMPが77名の美女と「いいねダンス」を披露~

一般社団法人国際文化協会(所在地:東京都中央区、会長:下村朱美)は、 2018年11月9日(金)に世界3大ビューティ・ページェントの1つである2018ミス・インターナショナル世界大会を開催し、ベネズエラ代表 マリエム クラレット ベラスコ ガルシアさんが優勝したことを発表します。

マリエム クラレット ベラスコ ガルシアさんは、本大会当日に20歳を迎え、スピーチで「これ以上の幸せはありません。人生で最高の誕生日になりました」と話し、ミス・インターナショナルの各国・地域の代表からバースデーソングをプレゼントされるサプライズもありました。

「ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント(以下、ミス・インターナショナル) 」は、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大ビーティ・ページェントの1つで、1960年に誕生し、今年で58回を迎えました。美しさはもちろん、国際親善や世界平和など、国際社会に貢献しようとする志の高い女性たちが「美と平和の親善大使」として集い、互いに交流を深めることを目的としています。

この度開催した「2018ミス・インターナショナル世界大会」では、77の国と地域より集まったミスたちを対象に、民族衣装、水着、ドレス審査を実施しファイナリスト15名を選出した後、ウォーキング審査によりファイナル8を決定。その後スピーチ審査を経て「2018ミス・インターナショナル」をはじめとする上位5名を決定しました。

今回優勝したマリエム クラレット ベラスコ ガルシアさんは、知性と品性を兼ね備え、美しく気品溢れる立ち居振る舞いやスピーチ力が高く評価されました。

■優勝コメント
「2018ミス・インターナショナル」に輝いたマリエム クラレット ベラスコ ガルシアさんは受賞後、「賞をいただき誠にありがとうございます。これ以上の幸せはありません。人生で最高の誕生日になりました。この勝利はベネズエラの皆様に捧げます。皆様本当にありがとうございました。」と感謝を伝えました。

また、受賞について「今年が今までの人生で一番素晴らしい誕生日でした。東京に来れたことをとても嬉しく思っています。」と話しました。応募のきっかけについては「神様が導いてくれたから、大会に出場することが私の運命だったと思っています。」と話しました。

これからの活動について「ミス・インターナショナルとして特に子供の教育支援活動に力をれることが、今後実現したい私の夢です」とこれからの目標を掲げました。


2018ミス・インターナショナル
マリエム クラレット ベラスコ ガルシアさん
(ベネズエラ代表)

■「2018ミス・インターナショナル世界大会」入賞者
● 2018 ミス・インターナショナル(第1位)
 マリエム クラレット ベラスコ ガルシアさん(20・ベネズエラ代表)
● 2018 ミス・インターナショナル (第2位)
 マリア アティサ マナロさん(21・フィリピン代表)
● 2018 ミス・インターナショナル (第3位)
 レアベトスェ セチョアロさん(24・南アフリカ代表)
● 2018 ミス・インターナショナル (第4位)
 ビアンカ ティルシンさん(19・ルーマニア代表)
● 2018 ミス・インターナショナル (第5位)
 アナベラ カストロさん(21・コロンビア代表)


左から、ビアンカ ティルシンさん、マリア アティサ マナロさん、マリエム クラレット ベラスコ ガルシアさん
レアベトスェ セチョアロさん、アナベラ カストロさん

■2019ミス・インターナショナル日本代表 岡田朋峰さんら5名がプレゼンター補佐として登場!
「ミス五大陸」の表彰時には、今年10月23日に行われた2019ミス・インターナショナル日本代表選出大会にて、入賞した岡田朋峰(おかだともみ)さん、文元麻由奈(ふみもとまゆな)さん、寺西麻帆(てらにしまほ)さん、藤本美咲(ふじもとみさき)さん、田中蓉(たなかよう)さんがプレゼンターとして登場いたしました。

左から、田中蓉さん、藤本美咲さん、寺西麻帆さん、文元麻由奈さん、岡田朋峰さん

■「2018ミス・インターナショナル世界大会」ミス五大陸
● ミス・インターナショナル アジア
 アイリン フェンさん(22・シンガポール代表)
● ミス・インターナショナル アメリカ
 ロシオ ペレス スアレスさん(26・アルゼンチン代表)
● ミス・インターナショナル ヨーロッパ
 ゾーイ アンバー 二ウォードさん(23・オランダ代表)
● ミス・インターナショナル アフリカ
 レアベトスェ セチョアロさん(24・南アフリカ代表)
● ミス・インターナショナル オセアニア
 ディリアナ ツンカップさん(22・グアム代表)

■特別賞
● ベスト・ナショナルコスチューム
 ミシェル ウェットさん(23・エクアドル代表)
● ミス・パーフェクトボディ
 ディオナ アンジェラさん(22・キュラソー代表)
● ミス・ベストドレッサー
 ネバイ トーレスさん(25・メキシコ代表)

※2018年11月9日(金)時点での年齢になります。

■ミス77名とDA PUMPが今年大流行した「いいね」ダンスを披露!

左から、TOMOさん、KENZOさん、U-YEAHさん、ISSAさん、YORIさん、DAICHIさん、KIMIさん


左から、YORIさん、KIMIさん、U-YEAHさん、ISSAさん、KENZOさん、DAICHIさん、TOMOさん

ゲストアーティストとしてDA PUMPがミス・インターナショナルの舞台でU.S.A.を披露いたしました。
ISSAさんは「ミス・インターナショナルの皆さんにダンスをしていただき、うれしかったです」と話しました。

■「ミス・インターナショナル」について
ミス・インターナショナルは、正式名称を「ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント」と言い、1960年に米国で誕生しました。誕生から7年間は米国で開催されていましたが、日本万国博覧会(1970年/大阪)の開催を記念して、日本に開催権が移されました。
国際平和を願う各国・地域の代表が“美と平和の親善大使”として一堂に集う世界大会では、広く世界の国々に“平和の祈り”を発信し、主催国である日本の素晴らしさもアピールしていこうという趣旨のもと毎年開催されています。
また、ミス・インターナショナルでは、ミスたちが個々のレベルで国際交流活動を行っています。「緑化推進運動」や「ミス・インターナショナル・フォーラム」をはじめ、「チャリティーイベント」などの社会貢献活動を通じて、日本と世界各国との友好と親善を深めています。
「ミス・インターナショナル」公式ホームページ:https://www.miss-international.org/

■「一般社団法人国際文化協会」について
一般社団法人 国際文化協会は世界の文化や芸術の交流を通じた「世界各国との友好・親善」を目的に、1969年(昭和44年)4月、外務省(文化交流部)の外郭団体として認可され、発足。以来、国際貢献事業として「相互理解による世界平和の実現」と「国際社会における日本の正しい理解」をスローガンに、人物交流等を幅広く展開しています。